審査から融資までトップクラスの早さです。

 

【プロミス】平日14時までに契約完了で★当日振込♪★ 

 

プロミス 審査 時間

プロミスの審査にかかる時間は「早い」と言われています。

 

 

即日で借りる際には平日14:00までにWEB契約完了が必須になっていますが、この時間までに申し込むこと出来れば、審査に最短30分、振込に最短10秒ほどなので仕事が終わる夕方には銀行口座に振り込まれている便利さがありますね。

 

またその場であっという間に振り込んでもらう方法もあります。(瞬フリサービスをご利用いただく場合は、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能です。)

 

 

このように、申し込みから2時間もあれば銀行口座に振り込みをしてもらうことが可能ですが、あくまでもトップページに書いてある基準を満たしていることが最低条件になりますし、信用情報など問題がないことです。

 

>>【プロミス】平日14時までに契約完了で★当日振込♪★

 

 

 

 

このように早い方は審査申し込み後にあっという間に借り入れすることが出来ていますが、中には時間はかかっている方もいらっしゃいます。

 

 

「審査時間が長かった」方の特徴としては、プロミスがお金を貸すことに対して何らかの問題があったという判断になります。あくまでも審査は「この人のお金を貸して大丈夫か?」という視点でプロミスも見ていますので引っかかっている可能性も十分考えられますね。

 

 

信用情報に問題があったり、入力内容に不備やウソがあったり、借り入れ額が収入に対して高いので収入証明書の提出を求めてくる場合もあります。

 

 

このような場合は時間がかかっていますので、もしかすると審査に落ちる可能性も考えられます。

 

 

しかし、プロミスの90%の利用者の方は審査に通過し実際にお金を手に入れていますので、時間が長い場合には問題が発生している可能性の方が高いですね。また、時間がかかる要因としては繁忙期も考えられます。(年末、学期はじまりの3〜4月)

 

他にも申し込み曜日によっても、審査の時間に影響が出る可能性があります(プロミス審査土日を参照にしてください)

 

 

審査にはある程度時間が必要ですので即日で利用を考えている場合は、14:00とは言わず早めに審査に申し込みをするようにしましょう。また自動契約機を利用すると審査に問題がなければ時間も短く済みますし、14:00以降でも借り入れすることができますので、

 

 

WEB申し込みだけでなく、自動契約機の利用も選択肢として持っておきましょうね。

 

 

 

プロミス