審査から融資までトップクラスの早さです。

 

【プロミス】平日14時までに契約完了で★当日振込♪★ 

 

プロミス 審査 内容

プロミスの審査に内容になりますが、詳しいことは公になっていないので不明な点も多いです。

 

 

しかし、あくまでも審査の基準はあり
@年齢が20〜69歳であること。
A申込者本人に毎月安定した収入があること。
Bブラックリストの乗っていたり、信用情報の傷がついていないこと。
C他社の借り入れ金額がトータルで年収の3分の1を超えていないこと。

 

 

この@〜Cはプロミスに審査を申し込む上での最低基準となっており、@〜Cのどれかに問題がある場合には審査に通過することは難しいでしょう。特にA、Bはとても重要です。

 

 

Aはこの人はきちんと貸したお金を返済してくれるか?と言う点を重点的に見ています。そのため、毎月安定した収入があることが返済能力を認めてもらうための第一歩となっていますね。

 

毎月と言うことも条件に入っていますので、勤続年数も一緒の問われています。たとえば、仕事を始めて一か月などは勤続年数が短いので安定しているという判断をしてもらうのは難しいでしょう。最低でも3か月以上は働いたうえで審査に申し込みをしたいところですね。

 

 

Bは申込者はプロミスにとって優良なお客様か?と言う点をみています。そのため、過去に金融事故などを起こしてすでにブラックリスト入りしている方が審査に通過することは極めて低いです。

 

また信用情報といって申込者のお金に関する通信簿のようなものがあります。これはプロミスはもちろん銀行、クレジットカード会社などは共有している情報となっています。これに問題がある場合も審査に通過することは難しいでしょう。

 

 

審査はあくまでも申込者の「返済能力」を見ているものですが、申込者の背景などトータル的にみて判断をしています。審査の内容は細分化されていますが

 

 

・既婚者?独身?
・持ち家か?賃貸か?
・子供の有無?
・勤務先の規模(公務員>大手>中小企業)
 

 

などまだまだ他にもいろんな項目があります。
プロミスも貸したお金を返済してもらえないことが何よりも問題ですのでその点はしっかりと見ていますね。

 

 

審査に通過しなければお金を借り入れすることはできませんので、上記の内容を含めてしっかりと対応をしたいものですね。もちろん審査に通過するためにウソをついてもすべてお見通しですし、審査に落ちる元となりますのでやめておきましょう。

 

 

誠実に審査に申し込みことが一番の通過点ですので、しっかりと返済計画をたてて申し込みをして下さいね。

 

 

プロミスに申し込む
【プロミス】実質年率『4.5〜17.8%!』来店不要で即日回答!24時間申込OK!

 

 

一緒に読まれています。
プロミス 審査
プロミス 審査 流れ

プロミス