審査から融資までトップクラスの早さです。

 

【プロミス】平日14時までに契約完了で★当日振込♪★ 

 

プロミス 審査 マイナンバー

プロミスの審査に申し込もう。

 

 

でも、マイナンバーにも影響はでるのか?不安になってしまう。と言う方もいらっしゃると思います。2015年で最も大きく動いたことといえば国民一人一人に番号が付けられているマイナンバーです。

 

 

マイナンバーとは?

国家が国民ひとりひとりに12ケタの番号を割り当て、個人の所得や年金、納税などの情報を1つの番号にひも付けて管理する目的でつくられる「共通番号制度」のことです。 国民につける個人識別番号を「マイナンバー」と言います。

 

つまり、国民ひとりひとりの情報がすべて管理されていると言うことになりますが、これってプロミスなど消費者金融を利用する際に大きな影響がでるのでしょうか?

 

 

この答えは「NO」です。
つまりマイナンバーの情報をもとに審査が行われることはありません。基本的には「社会保障、税、災害対策」以外の利用は禁じされていますので民間業者であるプロミスが審査に導入することはできませんね。

 

 

そのため、過去の債務の情報や納税額、収入などがマイナンバーからわかることは有りませんが、消費者金融のプロミスの場合は信用情報機関から把握することが可能となっています。つまり、マイナンバーを利用しなくてもプロミスは申込者の債務情報などは簡単に把握することができますので申し込み情報に関してはお見通しになりますのでウソはつかないようにしてくださいね。

 

 

プロミスのマイナンバーに関する情報です。

マイナンバー制度(※)の開始に伴い、お客さまの本人確認書類および収入証明書類などに、個人番号(マイナンバー)が記載される場合があります。弊社は、お客さまの個人番号(マイナンバー)を収集することはございません。
これらの書類をご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工してご提出いただきますようお願いいたします。

 

※「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(マイナンバー法)の規定に基づく制度です。(平成28年1月1日施行)

 

(プロミス公式ページより引用)

 

となっていますので上記の情報を理解していただけたのではないかと思います。マイナンバー制度が始まってもプロミスの審査に影響は有りませんのでご安心ください。

 

 

 

 

 

 

プロミス