審査から融資までトップクラスの早さです。

 

【プロミス】平日14時までに契約完了で★当日振込♪★ 

 

プロミス 審査最短30分

プロミスも昔は自動契約機の前で情報を入力したり、郵送が一般的な方法でした。

 

 

しかし、最近はインターネットが充実しているのでパソコンや携帯電話やスマートフォンからは24時間いつでも審査に申込みすることが簡単にできます。

 

 

WEB申し込みの方法は、サイトの新規お申込みフォームにアクセスし、お客さま情報や勤務先情報などを入力して送信します。すぐに審査最短30分が開始され画面上に契約可能額が表示されます。審査最短30分の流れでは入力された情報に関して審査を行いますね。

 

 

【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

 

 

この審査最短30分で審査には仮審査と本審査があります。審査に通過すると「仮審査通過」という案内にメールがきます。審査最短30分はプロミスが持っている顧客データとスコアリングを照らし合わせて審査の合否と契約可能額をいくらにするか決めています。

 

 

スコアリングの結果が良いほど優良な顧客と判断され審査に合格しやすく利用可能な金額も多くなります。逆に結果が悪いほど滞納するリスクが高いと判断され契約可能額が少なくなったり審査に落ちやすくなります。審査最短30分は9時から21時まで行っていますが、即日で利用を考えている方は14時までに申し込みが必要です。

 

 

その後は担当者による本審査が行われ、その審査に合格することが出来て初めてお金を借りられます。この際に電話が一回かかっている可能性があり「借り入れ額の希望」「お仕事」「年齢」など申し込んだ情報に関して相違がないかと確認します。

 

 

最後に勤務先への在籍確認が行われます。在籍確認の流れはまず勤務先情報として入力された勤務先の電話番号に電話をかけてきます。プロミスの会社名を名乗らずに担当者の個人名を名乗っているので、会社の人になるべく知られないように配慮しています。

 

 

本人が出れば在籍確認は終了。不在でも会社の人が「今は出かけております」と答えるだけで終了です。この際に自分で電話に出ることが可能な方は時間を指定してかけてもらうようにしましょう。そのあたりの融通が聞いてくれますよ。

 

 

在籍確認が「この会社に勤めている」という確認だけですのでご安心くださいね。

 

 

審査にはもちろん信用情報も含まれています。
信用情報の参照の流れは滞納や債務整理や多重申込みと言った事故情報が記録されていないか調べています。これは長い場合は5年ほど記録に残っていますのでその情報が無くならないとキャッシングでの借り入れは難しいかもしれませんね。

 

 

この本審査の通過まではやければ審査に申し込んで最短30分です。審査をスムーズに通過するためにも、申し込み情報に決して嘘はつかないようにしてくださいね。

 

 

一緒に読まれています。
プロミス 審査 年収
プロミス 審査 落ち

プロミス