審査から融資までトップクラスの早さです。

 

【プロミス】平日14時までに契約完了で★当日振込♪★ 

 

プロミス 審査 書類

プロミスの書類に関しては、審査時に必要なもの、必要ないものもありますので詳しくご紹介したいと思います。

 

 

必要な書類の詳細に関してはトップページもにご紹介しておりますので、こちらを参考にしてください。最初に審査へ申し込む際には「運転免許証」などの本人確認証明書があれば十分です。

 

 

>>>【プロミス】平日14時までに契約完了で★当日振込♪★

 

 

WEB経由の場合は画像データをして送付することで可能ですし、自動契約機の場合はオペレーターの指示に従い機械の上に置けば申し込みは完了になります。郵送の場合のみコピーをとって送る必要があります。

 

 

書類の関してよくある質問ですが、審査に申し込む際に「収入証明書」は必要ないのか?と言う点です。

 

 

これに関してはプロミスの場合は借入希望額が50万円以下の場合は特に必要ないです。ただし、審査の途中で提出を求められる場合もありますので、その時にすぐに出せるようしておくと審査もスムーズに早く進みます。

 

 

また、プロミスでは50万円以下の借り入れの予定でも、他の消費者金融で借り入れをしている場合には提出を求められる場合もありますし、トータルで100万円を超える場合はもちろん提出が必要になります。

 

 

他社での借り入れがある場合、状況によっては最初から必要になるケースもあります。

 

 

このように書類に関しては本人確認証明書収入証明書があれば可能です。

 

 

もし、収入証明書が提出できなかったり、提出に時間がかかる場合はそれだけ審査に時間がかかりますので、スムーズに借り入れすることが難しくなるので準備しておきましょう。

 

 

正社員、パート、アルバイトなど雇用形態や毎月にお給料に関係はなく、あくまでも審査を進めていくうえで必要な項目になっていますので準備をして対応するようにしたいものですね。

 

 

 

 

プロミス 書類提出 審査

プロミスの審査に申し込む際に、必要な書類は本人確認証明書になります。

 

 

これは、運転免許証さえあれば申込が可能です。もし運転免許証がない場合は、パスポートの準備が必要になりますね。外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。 
(平成28年10月1日より犯罪収益移転防止法が改正され、健康保険証等、顔写真がない本人確認書類はインターネットからのお申込で使用できなくなりました。)

 

 

また、他社で借り入れがある場合には総額によって、収入証明書(源泉徴収票等)など他の書類の提出が必要です。(※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。 )

 

・借入額が50万円を超える、他社との借入額は100万円を超えるの場合
この際には収入証明書の提出が必要になります。利用限度額をオーバーしているという点と、100万円以上の場合は総量規制に引っ掛かる場合はあるからです。

 

 

収入証明の書類として認められる者は…
・源泉徴収書(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+賞与分)

 

 

このあたりの書類を準備しておくことにより、問題なくスムーズに審査へ申し込むことが可能になっていますので借入金額次第では準備はしておくようにしましょう。

 

 

最初に審査も申し込む場合には出来れば借り入れ希望額は少なめに設定しておく方が最初は良いと思います。

女性にはこちらがおススメです

プロミスレディース

 

 プロミス

女性専用のプロミスです。

 

◎オペレーターもすべて女性です。

 

◎プロミスと同じサービスを利用していただけます。

 

 

 

プロミス